トップページ > ジオン注硬化療法(ALTA療法)

ジオン注硬化療法(ALTA療法)

※検査等の都合により、火曜日と金曜日の午前の肛門科の初診は行っておりません。
 また未就学の方の肛門診察は行っておりません。ご注意ください。

「ジオン注」硬化療法(ALTA療法)について

痔と一言で表しても、症状などにより3種類(内外痔核・切痔・穴痔)に分かれております。
当院で行っている“切らずに治す痔の治療”こと、ジオン注硬化療法が適応となるのはこの3種類の中で、内痔核に適応となります。
診察しないと断言は出来かねますが、『それぼど痛みは感じない』『肛門に違和感がある』『出血する』『排便時にいぼが出る』という方は、内痔核の人が多いです。

ジオン注は「四段階注射療法」という特殊な手法で投与されます。

この治療法は高度な技術を要する為、“四段階注射法に関する講習を受けた専門医の登録施設”においてのみ治療が実施されています。

治療方法





肛門周辺・下半身だけに効く麻酔を行い、肛門周囲の筋肉を緩めて注射しやすくします。ひとつの痔核に対して4ヶ所に分割して投与します。(複数の痔核がある場合にはそれぞれに投与。)

投与後は、暫く点滴を続け麻酔の影響がなくなるまで安静にします。

患部投与後、痔核へ流れ込む血液の量が減り出血が止まります。
投与部分が次第に小さくなり、引き伸ばされてた支持組織が元の位置に癒着・固定し脱出がみられなくなります。

数日間は出来るだけ力仕事・冷え・長時間同じ姿勢を避け、安静にしてください。

検査・手術の予約に関して
緊急時(肛門周囲切開術など)以外の日帰り手術は一度診察をし、手術の日程を決めます。

ページトップへ戻る