トップページ > IBD外来

炎症性腸疾患(IBD)外来

炎症性腸疾患(IBD:Inflammatory Bowel Disease)外来

炎症性腸疾患とは、大腸や小腸の粘膜に慢性の炎症または潰瘍を引き起こす病気のことをまとめて示す言葉です。

炎症性腸疾患には、潰瘍性大腸炎とクローン病が含まれております。
詳しくは各ページをご覧下さい。

当院では病気を見落としてしまいがちな10歳代(中学生・高校生)〜20歳代の為の診療にも積極的に取り組んでおります。

潰瘍性大腸炎・クローン病と診断された場合、保健所で決められた手続きをすると特定疾患医療給付制度が適応され、医療費の援助を受けることが出来ます。
申請後、医療受給者証が届いたら医療機関受診や調剤薬局の利用の際に提示して下さい。