トップページ > 痔の種類

痔の種類Hemorrhoids type

内外痔核(イボ痔)Internal hemorrhoid・External hemorrhoid

おしりの血行が悪くなり、血管の一部がこぶ状になった状態です。痔で最も多いタイプと言えます。
内痔核が出来る部分には痛覚の神経がないので普通痛みはありませんが、外痔核(肛門のところに出っ張りがあり、内痔核でないもの)は痛みを感じます。 内痔核の表面は直腸粘膜なので、「真っ赤なぬるぬるしたもの」ですが、外痔核の表面は「皮膚」なので見た目も異なります。

症状…出血や残便感(排便後も便が残っている感じ)があります。
当院では、切らずに治せる治療法を受けることが出来ます。

裂肛(切痔)Anal fissure

肛門ので口付近が切れて起こります。 硬く太い便が肛門を通過する際に、粘膜を傷つけ裂けてしまいます。
裂肛の発生する部位は、壁が薄く痛みの神経が分布する場所なので、発症するとまず痛みが生じます。
排便の際に裂けた傷口が広げられるので、治りにくく、慢性化することがあります。

症状…紙につく程度の出血と痛みがあります。

痔瘻(あな痔)Anal fistula

肛門の歯状線にある肛門小窩というくぼみの中に便の中の細菌が入り込んで感染して起きる病気です。 皮膚が破れて膿が出ると痛みはなくなりますが、治ったかと思うと数か月〜1・2年後にまた同じような症状が出ます。 痔瘻とは、おできの症状を繰り返す病気です。

症状…排便とは関係なく、常に痛みが伴います。腫れて痛みが強くなり、時には熱が出ます。

Jinseikai's clinic

Site Menu

Jinseikai's Link

Design by Megapx
Template by s-hoshino.com