トップページ > さむかわ富田クリニック 禁煙外来

さむかわ 禁煙外来Smoking cessation

禁煙外来 治療の流れ

禁煙治療は医師によるカウンセリングと禁煙補助剤を併用した12週間、計5回のプログラムです。
過去に禁煙治療を受けたことがあり、中断・再開等の禁煙挑戦をしたい方は前回の治療の初回診察日から1年経過してからご来院下さい。
禁煙外来の健康保険適用が前回の初回診察日より1年経過と定められております。自由診療(自費)をご希望の方は日付等の決まりはございません。

ニコチン依存症とは

タバコを吸うと、ニコチンが脳に達し、ドーパミンという快感を生じさせる物質を放出させます。ドーパミンにより快感を得ると、もう一度タバコを吸いたいという欲求が出ます。次の1本…、その次…と悪循環になってしまうのです。
この状態をニコチン依存症と呼んでいます。
診察時処方する禁煙補助剤は、ニコチンによるドーパミン放出を妨げる作用を持っているので、禁煙行為から離れやすくなる効果を発揮します。

軽いタバコのヒミツ

ニコチンやタール値の少ないタバコに変え、少しづつ禁煙しようと考える方も大勢います。しかし、これは間違った認識です。

軽いタバコは煙を薄くする為に、フィルター側面の空気穴を多くしているのですが、実際は指でふさがり意味がありません。(表記されているニコチンやタール値は空気穴を塞がないようにして機械で測定しているため少ないのです。)

減煙しても、無意識に吸い方を調節してしまったり、健康上のメリットは期待できません。本数を減らすつもりでも、タバコから余計に離れにくくなってしまいます。
スッパリと吸うのをやめることが禁煙の近道です。

タバコの影響

【タバコで併発する病気】
心筋梗塞・関節リウマチ・脳卒中・胃潰瘍・喘息・糖尿病・動脈硬化・肺炎・COPD(慢性閉塞性疾患)・うつ病・骨粗鬆症・がん・メタボリックシンドローム・乳幼児突然死症候群・不眠症…など

【妊娠出産への悪影響】
子宮頸がん・不妊症・未熟児誕生・早産・流産などのリスクが高まります。
妊娠したら禁煙に挑戦しようと考えている方へ
妊娠中は禁煙補助剤が使いにくく(妊婦や胎児への安全性が確立されている薬がないため)禁煙治療が困難です。妊娠前の禁煙外来をおすすめします。

【容姿・学力への悪影響】
タバコを吸うと、血行が悪くなりシミ・ソバカスが発生しやすくなります。メラニン色素とヤニの沈着による歯の汚れ・口臭・歯槽膿漏も起こりやすくなります。
タバコはお子さんへの学力低下への影響もあります。換気扇の傍・ドアを閉めベランダに出て吸っても煙は入る為、あまり効果はありません。