トップページ > SAS(睡眠時無呼吸症候群)治療

SAS(睡眠時無呼吸症候群)治療

SAS(睡眠時無呼吸症候群)とは

睡眠時無呼吸症候群は、睡眠中に何度も呼吸が止まった状態(無呼吸)や止まりかける状態(低呼吸)が繰り返される病気です。
その結果、睡眠が妨げられて日中の眠気を引き起こし、居眠り運転などによる交通事故の原因になることがあります。
繰り返す低酸素血症の為に、高血圧・心筋梗塞・脳卒中・耐糖能異常などの合併症を引き起こす事もあります。
治療せずに放置しておくと生命に危険が及ぶ場合がある病気なのです。

睡眠時無呼吸・低呼吸の原因としくみ

睡眠時無呼吸・低呼吸は、空気の通り道である気道が閉塞してしまうことによりおこります。

肥満体系の人、首が短くて太い人、顎が小さい人は元々が気道が狭い構造になっている為、睡眠時無呼吸・低呼吸の方が多い傾向があります。
さらに、睡眠中には咽頭の筋肉・舌が緩みさらに気道が狭くなって起こるので、そのような状態で息を吸うと、肺で生じた陰圧によって狭い気道は一層狭くなって閉塞が起こります。

その結果、無呼吸・低呼吸が生じるのです。

睡眠時無呼吸症候群の症状

*いびきがひどく、睡眠時に呼吸が止まっている
*朝起きた時に倦怠感が強く、寝た気がしない
*日中の眠気が強い

上記の症状がありましたら、睡眠時無呼吸症候群の可能性があります。
ご自宅で検査を受けることが可能です。診察時にご相談ください。

検査方法

睡眠時無呼吸症候群の検査は、携帯用の機器を使い、ご自宅で受けることできます。
就寝前に鼻・指・お腹にセンサーをつけて、睡眠時の呼吸の状態や血液中の酸素濃度の測定を行います。
検査結果によりCPAPの治療が必要か医師が診断します。

【費用について】
医療保険の適応で、3割負担で約3,000円 1割負担で約1,000円です。

治療方法

CPAP(経鼻的持続陽圧呼吸療法装置)
CPAPは、一定圧を加えた空気を鼻から送り込むことによって、上気道の閉塞を取り除き、睡眠中の気道を確保する治療法です。
ハンドバックくらいの大きさの機械とエアチューブをつなぎ、寝る前に鼻マスクを着けて頂くだけです。無呼吸を防ぎ、いびきなども改善されます。

【通院について】
毎月1回の受診が必要になります。
CPAPの使用状況や無呼吸の状況を説明します。
状況により、CPAPの空気圧の設定変更を行い、調整します。

【費用について】
平成10年から在宅でのCPAPの使用は保険適応となりました。
一月 3割負担で約5,000円、1割負担で約1,800円程度です。

ページトップへ戻る