トップページ > 仁聖会 潰瘍性大腸炎について

潰瘍性大腸炎について

潰瘍性大腸炎とは

潰瘍性大腸炎は血便と下痢を主症状とする大腸粘膜に慢性の炎症を起こす病気です。
主な症状は下痢・血便や粘血便(粘液と血液が混じった便)で、炎症が強いと腹痛や発熱を来すことも在ります。
潰瘍とは言っても出血や穴があきそうな胃潰瘍のような深掘れの潰瘍ではなく、粘膜の発赤やびらんのように浅く粘膜がただれた状態になっていることがあります。

別頁のクローン病は腸管に非連続性の病変を特徴としますが、潰瘍性大腸炎は直腸から口側に向かって連続性に炎症を起こすのが特徴で多くの場合緩解と再燃を繰り返します

原因

潰瘍性大腸炎の原因は明らかになっていませんが、これまでに腸内細菌の関与や本来は外敵から身を守る免疫機構が正常に機能しない自己免疫反応の異常、あるいは食生活の変化の関与などが考えられています。
潰瘍性大腸炎は家族内での発症も認められており、何らかの遺伝的因子が関与していると考えられています。
欧米では患者さんの約20%に炎症性腸疾患(潰瘍性大腸炎あるいはクローン病)の近親者がいると報告されています。この病気の原因遺伝子の探索が続けられていますが、現時点では遺伝に関する明解な回答は得られていません。
遺伝的要因と食生活などの環境要因などが複雑に絡み合って発病するものと考えられています。

診断

潰瘍性大腸炎の診断は症状の経過と病歴などを聴取することから始まります。
最初に、血性下痢を引き起こす感染症と区別することが必要です。下痢の原因となる細菌や他の感染症を検査し、鑑別診断が行われます。
その後、患者さんは一般的にX線や内視鏡による大腸検査を受けます。
この検査で炎症や潰瘍がどのような形態で、大腸のどの範囲まで及んでいるかを調べます。さらに”生検”と呼ばれる大腸粘膜の一部を採取することで、病理診断を行います。
潰瘍性大腸炎は、このようにして類似した症状を呈する他の大腸疾患と鑑別され、確定診断されます。潰瘍性大腸炎と診断されたなかにもクローン病との区別がつかない判断が難しい病状のものがあります。中間型大腸炎というものです。

治療

潰瘍性大腸炎の治療は原則的には薬による内科的治療が行われます。
しかし、重症の場合や薬物療法が効かない場合には手術が必要となります。
現在、潰瘍性大腸炎を完治に導く内科的治療はありませんが、腸の炎症を抑える有効な薬物治療は存在します。治療の目的は大腸粘膜の異常な炎症を抑え、症状をコントロールすることです。 潰瘍性大腸炎の内科的治療には主に以下のものがあります。

〈5-アミノサリチル酸薬(5-ASA)製薬〉
5-ASA製薬には従来からのサラゾスルファピリジン(サラゾピリン)と、その副作用を軽減するために開発された改良新薬のメサラジン(ペンタサやアサコール)があります。経口や直腸から投与され、持続する炎症を抑えます。炎症を抑えることで、下痢、下血、腹痛などの症状は著しく減少します。5-ASA製薬は軽症から中等症の潰瘍性大腸炎に有効で、再燃予防にも効果があります。

〈副腎皮質ステロイド薬〉
代表的な薬剤としてプレドニゾロン(プレドニン)があります。経口や直腸からあるいは経静脈的に投与されます。この薬剤は中等症から重症の患者さんに用いられ、強力に炎症を抑えますが、再燃を予防する効果は認められていません。

〈血球成分除去療法〉
薬物療法ではありませんが、血液中から異常に活性化した白血球を取り除く治療法で、LCAP(白血球除去療法:セルソーバ)、GCAP(顆粒球除去療法:アダカラム)があります。副腎皮質ステロイド薬で効果が得られない患者さんの活動期の治療に用いられます。

〈免疫調節薬または抑制薬〉
アザチオプリン(イムラン、アザニン)や6-メルカプトプリン(ロイケリン)(未承認)はステロイド薬を中止すると悪化してしまう患者さんに有効です。また、シクロスポリン(サンディミュン)(未承認)やタクロリムス(プログラフ)はステロイド薬が無効の患者さんに用いられます。

〈抗TNFα受容体拮抗薬〉
インフリキシマブ(レミケード)やアダリムマブ(ヒュミラ)といった注射薬が使用されます。効果が認められた場合は、前者は8週ごとの点滴投与、後者では、2週ごとの皮下投与が行われます。後者では自己注射も可能です。


潰瘍性大腸炎の外科的治療

多くの場合、内科治療で症状が改善しますが、以下のようなケースでは外”手術”大腸全摘術が行われます。

(1)内科治療が無効な場合(特に重症例)
(2)副作用などで内科治療が行えない場合
(3)大量の出血
(4)穿孔(大腸に穴があくこと)
(5)癌またはその疑い

大腸全摘術の際には、小腸で人口肛門を作る場合もありますが、近年では、小腸で便をためる袋(回腸嚢)を作成して肛門につなぐ手術が主流となっています。

日本と潰瘍性大腸炎

潰瘍性大腸炎は欧米に多い病気ですが、日本でも増加の一途をたどっています。
潰瘍性大腸炎の患者数は166,060人(平成25年度末の医療受給者証および登録者証交付件数の合計)、人口10万人あたり100人程度であり、米国の半分以下といわれています。
発症年齢のピークは男性で20〜24歳、女性では25〜29歳にみられますが、若年者から高齢者まで発症します。
男女比は1:1で性別に差はありません。喫煙をする人はしない人と比べて発病しにくいと言われています。

忘れてはならない重要点

潰瘍性大腸炎は大腸がんのような悪性疾患ではありません。
生命予後は良好でも多くの患者さんでは症状の改善や消失(寛解)が認められます。
再発する場合も多く、寛解を維持するために継続的な内科治療が必要です。
また、あらゆる内科治療で寛解とならずに手術が必要となる患者さんもいます。

また、発病して7-8年すると大腸癌を合併する患者さんが出てきますので、そのような患者さんでは、症状がなくても定期的な内視鏡検査が必要になります。
しかし、実際に、一生のうちに大腸癌を合併する患者さんはごく一部です。
重症で外科手術になる患者さんなど一部の患者さんを除けば、ほとんどの患者さんの生命予後は健常人と同等です。

潰瘍性大腸炎は外科手術により炎症病巣を摘出することが可能であり、その点においてクローン病の外科手術の役割と異なるところがあります。
しかし手術後の盲嚢炎、便失禁など課題が多いのも事実です。
決して大腸があった状態の働きを維持することはできません。長年潰瘍性大腸炎の外科手術と術後の診療に携わってきた立場から可能な限り内科治療での緩解状態維持をめざすことが大切です。

公費手続き方法

潰瘍性大腸炎・クローン病と診断された場合、保健所で決められた手続きをすると特定疾患医療給付制度が適応され、医療費の援助を受けることが出来ます。 下記の表を参考にしてください。

特定疾患医療受給者証の申請方法

最寄の保険所へ下記の書類を提出する必要があります。
申請後、医療受給者証が届いたら医療機関受診や調剤薬局の利用の際に提示して下さい。

Jinseikai's clinic

Site Menu

Jinseikai's Link

Design by Megapx
Template by s-hoshino.com